イベント

●佐川文庫サロンコンサート

すばらしい音楽との出会いの場をご提供できれば幸いです。

» これまでのコンサート一覧


●チケットのお申し込みは


【2023年1月公演】
カルテット・アマービレ ©T.Tairadate大須賀 恵里(撮影:武藤 章)

■ カルテット・アマービレ & 大須賀恵里

■ 2023年1月29日(日)15:00開演 チケット6,000円

プロフィール : カルテット・アマービレ Quartet Amabile

カルテット・アマービレ ©T.Tairadate

篠原悠那(Vn)・北田千尋(Vn)・中恵菜(Va)・笹沼樹(Vc)

2016年9月難関で知られる第65回ARDミュンヘン国際音楽コンクール弦楽四重奏部門第3位に入賞、あわせて特別賞(コンクール委嘱作品の最優秀解釈賞)を受賞。19年11月、ニューヨークで行われたヤングコンサートアーティスト国際オーディションで第1位を獲得。

15年桐朋学園大学在籍中に結成、山崎伸子、磯村和英氏に師事。第10回横浜国際音楽コンクール第1位及び全部門グランプリ、第12回ルーマニア国際音楽コンクール第1位、第4回宗次ホール弦楽四重奏コンクール第1位、聴衆賞受賞。第12回ミュージックアカデミーinみやざき講師特別賞、第26回リゾナーレ室内楽セミナー奨励賞、第37回霧島国際音楽祭賞、堤剛音楽監督賞を受賞。松尾学術振興財団より第26〜28回、第30回松尾音楽助成・奨励を受ける。

プロジェクトQ第13章に出演し、カルミナ四重奏団、今井信子らのマスタークラスを受講。

NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」、NHK BSプレミアム「クラシック倶楽部」に出演。マルタ・アルゲリッチ、ダン・タイ・ソン、ポール・メイエ他と共演、高い評価を得る。

20年よりハクジュホール”BRAHMS Plus”シリーズ、21年より王子ホール”ベートーヴェン弦楽四重奏曲全曲演奏会”シリーズ始動。

21年3月ホテルオークラ音楽賞受賞。

プロフィール : 大須賀 恵里 Eri Osuka(Pf)

大須賀 恵里(撮影:武藤 章)

桐朋学園大学音楽学部卒業。蓼科高原音楽祭で音楽祭賞を受賞。 内外の著名演奏家と数多く共演する他、国際音楽祭にて著名ヴァイオリニストのマスタークラスピアニストを多数務めるなど貴重な室内楽ピアニストとして第一線で活躍。桐朋学園大学音楽学部弦楽科嘱託演奏員・国立音楽大学声楽科伴奏助手歴任。2010年夏より「信州クロイツェル音楽村」を主宰。2011年元ウィーンフィルコンサートマスター ダニエル・ゲーデ(Vn)とモーツァルトソナタCDをオクタヴィアレコード、2015年上原正敏(Ten)と、おとなのための童謡曲集‘赤い靴’をナミレコードよりリリース。

2013年~2015年ピアノ室内楽シリーズ‘Andiamo’(全3回)開催。絶賛され大きな話題となり、2016年より新たに若手演奏家支援を内容軸とするAndiamo part 2 シリーズを九州筑豊、水戸佐川文庫、2017年東京浜離宮朝日ホールにて開催。

2017年元日より5年間、FM川口 E-friends~世界に羽ばたく音楽家たち~ラジオパーソナリティを務めた。

大須賀恵里 オフィシャルサイト

プログラム

【2023年4月公演】
篠﨑 千響

2021全日本弦楽コンクール小学生高学年部門第1位、水戸から12歳の新鋭!

■ 篠崎 千響 ヴァイオリン・リサイタル

■ 2023年4月22日(土)15:00開演 チケット3,000円

プロフィール : 篠﨑 千響 Shinozaki Chitoyo(Vn)

東日本大震災時に被災地にて生まれる。2歳時に父よりヴァイオリンの手解きを受け、3歳より本格的なヴァイオリン指導を受ける。現在、原田幸一郎氏、ピエール・アモイヤル氏、川又くみこ氏に師事。

長調よりも短調の曲を得意とする。『聴いて下さる方々の悲しみや苦しみの心に寄り添い、その人を包み込めるような音色を奏でたい。』という信念の下に、演奏会では「楽しんで」とは言わず、「涙を流して元気になりに来て下さい。」と言う。将来は、聴いて頂いた方の心にずっと住み続けられるような印象的な音色を奏でられるヴァイオリニストになりたい。『奇跡の一本松から作られた震災ヴァイオリン』で、被災各地でリサイタルを行うことは、震災時に生れた自身の使命の一つと思い、日々研鑽を積んでいる。

『第2回白寿こどもヴァイオリンコンクール入賞者記念コンサート』、『第28回河口湖Violin Seminar優秀者によるコンサート「新しい風ジュニア」』、『第16回若い芽のコンサート』、『第12回(ハマのJACK)金の卵見つけました。(NHK交響楽団と共演)』等、左記以外でも各ガラコンサートやリサイタルも多数出演。

東京藝術大学音楽学部早期教育プロジェクト受講生。2022いしかわミュージックアカデミー(IMA)奨励賞受賞。桐朋学園大学音楽学部附属子どものための音楽教室水戸教室在籍。水戸市在住。小学生の6年間、水戸市褒賞(水戸市芸術文化功労賞[市長賞]・教育長賞)を毎年受賞。使用楽器はマティアス・クロッツ1670s(7/8)。


・第30・32回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール弦楽器部門キッズの部審査員賞(最高位賞)。
・第9回国際ジュニア音楽コンクールヴァイオリン部門A部門第1位。
・第26回日本クラシック音楽コンクールヴァイオリン部門幼児の部優秀賞。
・第11回全日本芸術コンクールヴァイオリン部門小学生低学年の部第1位。
・第2回白寿こどもヴァイオリンコンクールカテゴリー1第3位。
・第5・6回桐朋学園全国ジュニア音楽コンクールヴァイオリン部門小学生低学年の部第2位。
・第4回レオニード・コーガン国際コンクールカテゴリー1第1位。
・第4回ユーロアジア国際コンクール第1位。
・第75回全日本学生音楽コンクール小学生の部全国大会第2位。
・全日本弦楽コンクール2021小学生高学年部門金賞第1位。
・第12回ハマのJACKコンチェルトソリストオーディションYカテゴリー合格(優勝)。

プログラム

■ 2022.11.23「広瀬悦子 ピアノ・リサイタル」は、おかげさまで大勢の方にご来場いただき、大盛況のうちに終了いたしました。誠にありがとうございました。
■ コンサート予定: 次回、詳細決定次第お知らせいたします。

●中村紘子メモリアルコンサートシリーズ −若きピアニストたち−

コンクールで入賞した若手演奏家の発表の場が我が国では少ない現状に、中村紘子さんが、何らかの支援の場所を作りたいという願いに佐川文庫も賛同し立ち上げました。

若い演奏家にとって、ステージで演奏するということは、より以上にその芸術性を高めることができると思います。どうぞ、若いピアニストたちを支え、応援してあげてください。

» これまでの若手ピアニストシリーズ一覧

【2022年12月公演】

■ 有島 京 ピアノ・リサイタル

■ 2022年12月10日(土) 15:00開演 チケット3,000円

プロフィール : 有島 京 Miyako Arishima (Pf)

熊本県出身。桐朋女子高等学校音楽科を卒業後、ポーランド政府奨学金を受けポーランド国立ビドゴシチ音楽院を修了。第34回霧島国際音楽祭にて音楽祭賞、第10回ダルムシュタットショパン国際ピアノコンクールにて第5位受賞。欧州やアジア各地で演奏を行う。九州交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、クラクフ室内管弦楽団等と共演。グシュタード・メニューイン音楽祭、霧島国際音楽祭等に出演。ソロアルバム (Takemitsu Szymanowski Chopin Serocki - works for solo piano Miyako Arishima)をリリース。サントリーホール室内楽アカデミー第6期フェロー。


プログラム

■ 2022.7.30「桑原志織 ピアノ・リサイタル」は、おかげさまで盛況のうちに終了いたしました。ご来場ありがとうございました。
■ 今後の公演予定は決定次第お知らせいたします。

●チケットのお申し込みは


last modified 2022-12-06T16:40:38+09:00
© 佐川文庫 info@sagawabunko.com