イベント

●佐川文庫サロンコンサート

すばらしい音楽との出会いの場をご提供できれば幸いです。

※2023年5月公演より、コンサート開演時間が14:00になりました。

» これまでのコンサート一覧

» これまでの若手ピアニストシリーズ一覧


●チケットのお申し込みは


【2024年7月公演】50周年記念公演 桐五重奏団
桐五重奏団

■ 50周年記念公演 桐五重奏団
  弘中孝(Pf) 久保陽子(Vn) 中村静香(Vn) 店村眞積(Va) 毛利伯郎(Vc)

■ 2024年7月20日(土) 14:00開演 チケット6,500円

プロフィール : 久保 陽子 Kubo Yoko(Vn)

久保 陽子

3歳より父の手ほどきを受け、その後、折田泉、村山信吉、J.イスナールおよび斎藤秀雄らに師事。1962年桐朋女子高等学校音楽科卒業、同年チャイコフスキー国際コンクール第3位入賞。1963年よりフランス政府給費留学生としてパリに留学しR.ベネデッティ、J.カルヴェに師事。1966年マルセイユ音楽院ディプロマコースを卒業、名誉市民メダルを授与される。1964年パガニーニ国際コンクール、1965年ロン=ティボー国際コンクールにて第2位。1967年からJ.シゲティに師事。その後クルチ国際コンクール第1位。ソリストとして演奏活動する他、弘中孝と共に桐五重奏団を主宰する他、久保陽子トリオ、ジャパン・ストリング・クヮルテットなど室内楽奏者としても活躍。2011年3月まで東京音楽大学教授。CDでは「J. S. バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータ全6曲」、「ブラームス:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ全3曲」、「ベートーヴェン:ピアノ・トリオ第7番大公、ブラームス:ピアノ・トリオ第1番」、「パガニーニ:カプリース全24曲」をリリース、いずれも高評を得ている。

プロフィール : 中村 静香 Nakamura Shizuka(Vn)

中村 静香 ©AkiraMuto

桐朋女子高等学校音楽科を経て桐朋学園大学音楽学部卒業。文化庁芸術家派遣在外研修員としてジュリアード音楽院に留学。第52回日本音楽コンクール第1位。及び増沢賞、レウカディア賞、黒柳賞受賞。第29回海外派遣コンクール特別表彰。第3回日本国際音楽コンクール入賞。鷲見三郎、海野義雄、小林健次、ドロシィ・ディレイの各氏に師事。これまでに、NHK交響楽団等、各オーケストラと共演し、各地の音楽祭にも出演している。ヴィオリストとしては、2003年に大垣音楽祭でソロ・デビューを果し、その後はヴィオリストとしての活躍の場も広げている。「シューベルティアーデ」等のCDをリリース。現在、水戸室内管弦楽団、サイトウ・キネン・オーケストラのメンバー。東京音楽大学准教授、フェリス女学院大学非常勤講師。日本音楽コンクール、全日本学生音楽コンクール等の審査員も務める。

プロフィール : 店村 眞積 Tanamura Mazumi(Va)

店村 眞積 ©堀田力丸

京都に生まれる。6歳よりヴァイオリンを始め、東儀祐二、鷲見三郎、江藤俊哉の諸氏に師事。学生コンクール、日本音楽コンクールなど受賞歴を重ね、桐朋学園大学を経て、イタリアに渡り、P.ファルッリ氏に師事。その後、指揮者R. ムーティ氏に認められ、フィレンツェ市立歌劇場の首席ヴィオラ奏者となる。1977年ジュネーヴ国際音楽コンクールヴィオラ部門第2位 入賞。ヨーロッパ各地でソリスト及び室内楽奏者としても活躍。帰国後もソリストとして多くのオーケストラと共演。サイトウ・キネン・オーケストラ、水戸室内管弦楽団メンバーであると同時に、ヴィオラの祭典「ヴィオラ・スペース」への出演を始め日本を代表するヴィオラ奏者として、室内楽やソロの分野でも幅広 い活躍を展開、CDも数多くリリースしている。読売日本交響楽団ソロ首席ヴィオラ奏者、NHK交響楽団ソロ首席ヴィオラ奏者、東京音楽大学教授を歴任。現在、東京都交響楽団特任首席ヴィオラ奏者。京都市交響楽団首席ソロヴィオラ奏者。東京音楽大学客員教授。

プロフィール : 毛利 伯郎 Mori Hakuro(Vc)

毛利 伯郎

10才よりチェロを始める。上原与四郎氏、桐朋学園で青木十良氏、ジュリアード音楽院でハービー・シャピロ氏に師事。室内楽をロバート・マン、サミュエル・ローズ 、フィ一リックス ・ガリミア諸氏に師事ジュリアード在学中より、ニューヨークを中心として演奏活動を開始。名地のオーケストラと共演。ワシントンD.C.ケネディーセンタ一のシアタ一・チエンバー・プレイヤーズのメンバーとして、又、シークリフ・チェンバー・プレイヤーズ、カンティレナ・ピアノカルテットなど数多くのグループのメンバーとしてコンサート、レコーディングなど多彩な活動をするかたわらアメリカ、ヨーロッパ名地の音楽祭に数多く出演。その間、ニュ一ヨーク、フィラデルフィア、インディアナの各地で後進の指導にも意欲的に当たる。1985年に帰国。読売交響楽団ソロチェリスト、桐朋音楽大学教授を歴任。現在、桐朋音楽大学特任教授、東京音楽大学特任教授。

プロフィール : 弘中 孝 Hironaka Takashi(Pf)

弘中 孝

6歳からピアノを始め、東貞一、井口愛子、井口基成の諸氏に師事。桐朋学園に学ぶ。1961年第30回日本音楽コンクール第1位、特賞ならびに安宅賞を受賞。その後ヴァン・クライバーン国際コンクール入賞。シフラ国際コンクール第1位、ロン=ティボー国際コンクール第4位入賞。1963年から1965年フルブライト給費留学生としてジュリアード音楽院に留学、S.ゴロニツキー教授に師事。1966年から1969年マルセイユ音楽院にてP.バルビゼ氏に師事。1969年より本格的な演奏活動に入り、国内外で活躍。オーケストラとの共演を始め、リサイタルや室内楽の分野でも、1974年結成した桐五重奏団を中心に充実した活動を展開。国際コンクールの審査員、音楽祭ディレクター等務める。2013年3月まで東京音楽大学教授。ソロCDでは「ブラームス:ピアノ作品集」、「ブラームス:ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ、シューマン:交響的練習曲」をリリース、各方面から高い評価を得る。

オフィシャルサイト https://www.kubohironaka.com/

プログラム

【2024年8月公演】中村紘子メモリアルコンサート −若きピアニストたち−
黒木 雪音

■ リスト国際ピアノコンクール優勝記念公演!
  黒木 雪音 ピアノ・リサイタル

■ 2024年8月31日(土) 14:00開演 チケット3,000円

プロフィール : 黒木 雪音 Yukine Kuroki(Pf)

黒木 雪音

7歳でオーケストラと共演し、日本はもとよりヨーロッパ等国内外で演奏活動を行う。

2022年、ダブリン国際ピアノコンクールにおいて日本人として初めて優勝、リスト ユトレヒト 2022 第1位。2023年、アルトゥール・ルービンシュタイン国際ピアノコンクール第3位。

これまでにショパン国際ピアノコンクール in ASIAプロフェッショナル部門金賞。ピティナ・ ピアノコンペティション全国決勝大会特級銀賞、G 級金賞、福田靖子賞(第1位)。ドヴァ リョーナス国際青少年コンクールグランプリ及び全部門総合優勝、ハノイ国際ピアノコン クール第1位、国際青少年フェスティバルコンクール “アスタナ・ピアノ・パッション ” 第1 位、浜松国際ピアノアカデミーコンクールにてモスト・プロミッシング・アーティスト賞、岩谷 時子賞 Foundation for Youth 受賞。令和5(2023)年度川崎市アゼリア輝賞を受賞。

東京交響楽団、東京ニューシティ管弦楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、アイルランド 国立交響楽団、イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団、オランダ放送フィルハーモニー管弦 楽団、リトアニア国立交響楽団、ポーランド・シレジア・フィルハーモニー交響楽団、アスタナ市 国立交響楽団、タタルスタン共和国交響楽団、テアトロ・ジーリオ・ショウワ・オーケストラ等 と共演。ヨーロッパ等の国際音楽祭に招かれるなど、日本はもとより国内外で数多くのコン サートに出演。

千葉市芸術新人賞受賞、千葉県教育奨励賞受賞、千葉県県議会児童・生徒表彰、千葉市教 育文化スポーツ功労者表彰5年連続受賞。

昭和音楽大学卒業、同大学院修士課程修了、同 附属ピアノアートアカデミー在籍。江口文子氏に師事。

プログラム

【2024年9月公演】
笹沼 樹 チェロ・リサイタル

■ 笹沼 樹 チェロ・リサイタル

■ 2024年9月28日(土) 14:00開演 チケット4,000円

プロフィール : 笹沼 樹 Sasanuma Tatsuki(Vc)

笹沼 樹 ©︎平舘 平

第20回齋藤秀雄メモリアル基金賞受賞。ARDミュンヘン国際コンクール、NYのYoung Concert Artists International Audition、日本音楽コンクールなどに優勝・入賞。桐朋学園大学ソリストディプロマコース修了、並びに学習院大学文学部卒業。桐朋学園大学大学院修了。パリ・エコールノルマル音楽院在籍中。2022年にはバッハの無伴奏チェロ組曲全曲演奏会を開催。2023年6月、7月にはスロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会(スロヴァキア ブラティスラヴァ)および日本ツアーにソリストとして登場、9月には日本公演のライブCDがリリースされた。使用楽器は 1771 年製 C.F.Landolfi(宗次コレクション)。

プロフィール : 大須賀 恵里 Osuka Eri(Pf)

大須賀 恵里 ©松尾淳一郎

室内楽ピアニストとして原田幸一郎氏をはじめ国内外の巨匠と多数共演し第一線で活躍。2011年、元ウィーンフィルコンサートマスターダニエル・ゲーデとモーツァルトソナタ集CDをリリース。2013年~2015年Andiamo大須賀恵里ピアノ室内楽演奏会シリーズを開催。音楽専門誌上で最上級の評価と反響を呼び以後、九州・水戸・東京にてAndiamo Part 2シリーズ、更に2020年秋より川口リリア催し広場にて大須賀恵里プロデュース「リリアの室内楽」をスタート。クラシック音楽界における若手演奏家育成へも情熱を注ぐ。

オフィシャルサイト https://eriosuka.com

プログラム

■ 2024.6.1「〜若手室内楽の名手〜 ピアノ四重奏」は、おかげさまで大勢の方にご来場いただき、大盛況のうちに終了いたしました。誠にありがとうございました。
■ コンサート予定: 詳細決定次第お知らせいたします。

●チケットのお申し込みは


last modified 2024-06-09T16:50:06+09:00
© 佐川文庫 info@sagawabunko.com